シドニー旅行でのごはんについて


2
画像参照:Alpha

シドニーに旅行に行ったら必ず食べたいごはんは、新鮮なシーフードです。
ロブスターやオイスターは必ず食べたい外せない一品です。

11月下旬から4月までが旬のロブスターは、とても大きく驚くほど。

ロブスターは、お刺身にしてもいいし、グリルやボイルで食べてもとても美味しいです。
オイスター好きな人には生牡蠣がオススメです。
オイスターバーなどに行くと産地がことなる牡蠣が、何種類もあります。
シドニーで採れるシドニーロックオイスターは、
オーストラリアの東海岸で採れる牡蠣です。
少し小ぶりですが、濃厚な味になります。

粒が大きめが良い方はパシフィックオイスターをオススメします。

レモン汁をかけて食べるととても美味しい牡蠣です。
生牡蠣が苦手な方には、キルパトリックと言う牡蠣料理がオススメです。
オーストラリアの牡蠣料理の一般的な食べ方になります。
トマトベースのソースにベーコンをのせてオーブンで焼いた料理です。

キルトパトリックは、シャブリやシャルドネなどのお酒に良くあいます。お酒好きにはたまらないです。

オージービーフも日本でかなり有名です。
Tボーンステーキは、T字の骨付き肉で骨の片側がヒレ肉でもう片側がサーロイン肉がついていて、一度に2度美味しいステーキです。

ボリュームたっぷりのオージービーフは、BBQスタイルで焼くのが定番です。

オージーラムもオススメです。

臭みがないのでラムが苦手な方にも食べていただけます。
旅行で美味しいごはんを食べて充電して帰ってきたいですね。